BLOGブログ

木造耐震+制振リノベ 相談会

温故知新。

 

今日、9月1日は防災の日。

大正12年9月1日午前11時58分33秒頃に発生した

関東大震災を忘れないために制定されました。

 

その後も、たくさんの大震災や台風・豪雨などで

犠牲になられた多くの方がいらっしゃいます。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

私たちにとって大切なことは

決して忘れないこと。

それらを教訓として活かすことだと思います。

 

特に今回は、とても大切なメッセージです。

なぜなら、いのちと資産をまもることができる

制振装置evolthの相談会を開催していくからです。

 

今日の滋賀夕刊で告知させていただきました。

今週末、9月5日、6日。

そして来週、9月12日の3日にわたり相談会を開催します。

 

いずれの日も

午前10時から、午後1時から、午後3時から

の三回。3日合わせて9組様の相談を受け賜わります。

 

コロナの感染対策には

万全を期して準備しますので

安心してお越しください。

 

お越しいただいての相談が不安という方には

Zoomを使ったWEB相談会も承ります。

いずれも、このホームページの「お問い合わせ」ページよりお申込みください。

 

お名前、希望の日時などを記入いただき

連絡先のメールアドレスや携帯番号など

可能な範囲で教えてください。

 

こちらからメールなどで連絡させていただき

日時を調整して

相談を受け賜わる日を決めて行きます。

 

尚、上記の日時の都合が合わない方は

他の日も受け付けておりますので

ご希望の日時をお知らせください。

 

また、インターネットは苦手で

電話の方が良いという方は

0749-62-0823までお電話をください。

 

令和2年9月30日までに相談のお申込みをしていただき

令和2年2月28月までに工事のお申し込みをしていただけると

新規キャンペーン価格を適用させていただきます。

 

新聞広告に

震度5でも、物が落ちないと

表記していますが、本当の話です。

 

そして、この制振装置は

築100年の古民家の木造住宅でも

最新技術によって地震に強い家に改修できます。

 

費用の目安は

耐震装置の施工を含んだ価格が延床面積35坪の家で約80万円。

リノベーションの場合それに伴う改修費用は別途発生します。

 

尚、延床面積に応じて

面積が大きければ、価格は上がります。

価格は変動しますことご理解ください。

 

弊社は、新ブランド「N.WOODの家」で

耐震等級3+制振+高断熱省エネ住宅を

展開していきます。

 

リノベーションから新築工事まで

地震に強く住み心地一番の木造住宅を

提案いたします。

 

日本の住宅の新しい基準づくりに

チャレンジしていきます。

 

あなたとご家族のいのちをまもる家

一緒につくって行きましょう。

このチャンスに、相談会のお申し込みをしてください。

 

心からお待ちしております。

 

報恩感謝

船浅社長