BLOGブログ

日月照私無

令和2年10月1日

小さな一歩を踏み出す朝が来た。

N.wood ブランドの始まりであり、木輪株式会社 Ki-Rin Co.Ltdの始まりである。

 

江戸時代に、舟づくり職人として

生業を始めた私の先祖は

舟屋の浅右衛門として歩みを始められた。

 

後の商号の始まりであり

明治初めに材木商へと商いを変えて

船浅という屋号へとつながっていく芽生えでした。

 

昭和35年9月9日に長男として生まれた私は

船浅の跡取りとして育てられた。

幼少の日々が懐かしい。

 

船浅という屋号の中に育ち

還暦を迎えた今日まで

慣れ親しんできた名前。

 

私の父が亡くなってから5年が経った。

亡くなる数年前から

船浅の名前を変えることを父と話していた。

 

来年4月の父の七回忌を目前にして

父と話していたことを

実行することを決めたのは 8月6日。

 

8月6日は

舟屋を創業した

ご先祖さまの命日である。

 

新しい会社の名前は「木輪」

Ki-Rin と呼ぶ。

 

「木」は、材木のこと。

「輪」は、三輪山のこと。

三輪山は奈良県桜井市にある日本最古の神社の御神体である。

 

弊社は、創業以来、一貫して

「木」を扱わせていただいて

今日を迎えている。

 

この尊くて長い道のりに

心から感謝して

これからも「木」をたいせつにする商いに徹して行きたい。

 

木の年輪のように

少しづつ少しづつ

ひとまわりづつ成長を続けて行く。

 

そんな会社でありたいと願い。

従業員をたいせつにする会社にして行こうと思う。

 

もう一つの名前

N.wood

は木材のブランド名です。

 

Nには

①日本、②素材、③新しい

の三つの願いを込めている。

 

妥協することなく

常に従業員や取引先様

そして、お客様のために

 

常に新鮮な心で

木輪は存在し続けようと思う。

木輪は若い人が成長するフィールドでありたいと願う。

 

今日、10月1日は木輪の事業新年度。

そして、今日、10月1日は私の曾祖父の祥月命日。

この特別な日が今日であることに感謝します。

 

山と木をまもり、まちと人を元気にする。

これが、木輪株式会社 Ki-Rin Co.Ltdの使命であり、理念である。

 

座右の銘は、日月照私無。

 

報恩感謝

 

木輪 Ki-Rin 社長

藤居昌幹